1. TOP
  2. 弥生会計18 スタンダードとプロフェッショナルの特徴と違いについて

弥生会計18 スタンダードとプロフェッショナルの特徴と違いについて

2018/03/01 弥生販売ソフトと使い方
この記事は約 21 分で読めます。

 

Contents

弥生会計 スタンダードソフト, 弥生会計 プロフェッショナルソフトの違いについて

 

まず、弥生会計 スタンダードソフト, 弥生会計 プロフェッショナルソフトの違いを簡単に説明します。

・日々の記帳から集計・決算など、会計に必要な機能を搭載しています。

初心者でもすぐに使い始められ、帳簿付けから試算表、決算資料までかんたんに作成できるのが【弥生会計 スタンダードソフト】

・会計業務に必要な機能をしっかりカバー。
部門管理が必要な方、経営に役立つ資料も作成して、会社の経営状態も把握したい方などにお勧めです。

部門管理や経営分析にも使える多機能会計ソフトなのが【弥生会計 プロフェッショナルソフト】

となっております。

弥生会計 スタンダードソフトとは

 

・自社で記帳したい方

・初めて会計ソフトを使う方

など、小規模法人・個人事業者様向けの幅広いニーズに対応した、会計管理ソフトパッケージとなっています。

もちろん、弥生会計18スタンダードソフトは2019年施行予定の消費税率10%の自動計算に対応しています。

 

弥生会計 プロフェッショナルソフトとは

 

 

・自社で記帳したい方

・初めて会計ソフトを使う方

・部門管理が必要な方

・営に役立つ資料も作成して、会社の経営状態も把握したい方

など、中小規模法人様向けの幅広いニーズに対応した、会計管理ソフトパッケージとなっています。

部門設定を行えば部門損益をはじめ、資産負債まで含めた部門管理が可能となっています。

法人決算では決算書の作成だけでなく、キャッシュ・フロー計算書や資金繰り表、勘定科目内訳書も作成できます。

もちろん、弥生会計18プロフェッショナルソフトは2019年施行予定の消費税率10%の自動計算に対応しています。

 

当店は、弥生会計専用サプライ用品販売店です

弥生販売専用サプライ伝票のお問い合わせやサンプルをご希望の場合は、会社名・ご住所・お電話番号をご記入のうえ、お気軽に伝票販売専門店激安販売ドットコムまでご連絡下さいませ。

 

弥生会計 スタンダードソフト、弥生会計 プロフェッショナルソフトの違い

では、弥生会計 スタンダードソフト、弥生会計 プロフェッショナルソフトの機能の違いを細かく見ていきましょう。

 

弥生会計 スタンダードソフト、弥生会計 プロフェッショナルソフトでの導入・設定の違い

 

 

まず最初に、弥生会計 スタンダードソフト, 弥生会計 プロフェッショナルソフトを導入した時の設定方法や、作業手順の説明の部分になります。

弥生会計 ソフトオリジナルの【スタートアップガイド】があり

初心者にも導入・設定が簡単にできるようにサポートをしてくれます。

まず、弥生会計 スタンダードソフト, 弥生会計 プロフェッショナルソフトで共通して使える、機能を紹介いたします。

・ナビゲーション機能

・操作説明動画

・設定機能(導入ウィザード)

・設定支援(業種別テンプレート)

この4つは、弥生会計 スタンダードソフト, 弥生会計 プロフェッショナルソフトで共通して使える機能です。

設定支援(業種別テンプレート)】とは、弥生会計 スタンダードソフト、弥生会計 プロフェッショナルソフトで顧客台帳や履歴/予定帳にあらかじめ拡張情報を追加した顧客データを業種別に分けたテンプレートの事を言います。

例えば、「本日ご予約のお客さま」や「今月ポイント入会されたお客さま」など、顧客の検索やデータの集計を行うときにとても便利です。

・設定機能(部門設定)

この【設定機能(部門設定)】は、弥生会計 プロフェッショナルソフトみの使用が可能となっております。

設定機能(部門設定)】とは、地域や部門、店舗ごとに費用や収益を管理することが出来ます。

また、科目の残高や各種集計を部門別に把握することもできます。

 

当店は、弥生会計専用サプライ用品販売店です

弥生販売専用サプライ伝票のお問い合わせやサンプルをご希望の場合は、会社名・ご住所・お電話番号をご記入のうえ、お気軽に伝票販売専門店激安販売ドットコムまでご連絡下さいませ。

 

 

弥生会計 スタンダードソフト, 弥生会計 プロフェッショナルソフトでの取引入力の違い

 

 

弥生会計 スタンダードソフト, 弥生会計 プロフェッショナルソフトで使える、取引入力の特徴は

個人の好みやスキル、作業内容に合わせて入力方法が選べるところです。

・かんたん取引機能

・帳簿入力(現金出納帳・預金出納帳・売掛帳・買掛帳・経費帳)

・伝票入力(入金伝票・出金伝票・振替伝票)

・簡単入力機能(仕訳アドバイザイー)

・仕訳帳/元帳(仕訳日記帳・総勘定元帳)

・自動取込・自動仕訳機能(スマート取引取込)

取引入力での機能は、弥生会計 スタンダードソフト, 弥生会計 プロフェッショナルソフト両方ともお使い頂けます。

特に、弥生会計 スタンダードソフト, 弥生会計 プロフェッショナルソフト両方で使える機能の内

【自動取込・自動仕訳機能(スマート取引取込)】は、銀行口座を自動で取り込んだり、レシートや領収書もスキャナで取り込むことによって自動で仕分けをしてくれます。

これにより、入力ミスや入力忘れ、入力作業の軽減が出来てとても便利です。

 

当店は、弥生会計専用サプライ用品販売店です

弥生販売専用サプライ伝票のお問い合わせやサンプルをご希望の場合は、会社名・ご住所・お電話番号をご記入のうえ、お気軽に伝票販売専門店激安販売ドットコムまでご連絡下さいませ。

 

 

弥生会計 スタンダードソフト, 弥生会計 プロフェッショナルソフトでの集計の違い

 

 

弥生会計 スタンダードソフト, 弥生会計 プロフェッショナルソフトで使える、集計は

今迄のデーターの集計を素早く目的別に出すことが出来ます。

もちろん、表計算ソフトであるExcelへの書き出しや、グラフ化も可能ですので

一目で集計表が判りやすく作れます。

・試算表(残高試算表(月次・期間/前期比較/グラフ化)

・データ書出し

・各種集計表(残高推移表・消費税集計表・日計表・現預金明細表・科目別税区分票・補助残高一覧表)

この3つは、弥生会計 スタンダードソフト, 弥生会計 プロフェッショナルソフトで共通して使える機能です。

 

 

試算表とは、決算を確定する前に、仕訳帳から総勘定元帳の各勘定口座への転記が正確に行われているかどうかを検証するために

複式簿記の前提である貸借平均の原理を利用して作成する集計表の事です。

上記の画像のようなものが試算表になります。

 

 

上記の画像が、弥生会計 スタンダードソフト, 弥生会計 プロフェッショナルソフトで共通して使える、残高試算表となっております。

残高試算表は自動集計となっており、月次でも年間推移でも確認できます。

残高試算表・残高推移表・消費税集計表などの各種集計表をすばやく確認・印刷できます。

 

 

弥生会計 スタンダードソフト, 弥生会計 プロフェッショナルソフトのメニューバー中に

表計算ソフトであるExcelへの書き出しの為のボタン(赤丸で囲っている処です)をクリックして頂きますと、表計算ソフトであるExcelへの書き出しが出来ます。

この機能により、オリジナルの資料もすぐに作成でき、会計データを有効活用できます。

※この機能のご利用には、Microsoft Excel 2010以降が必要になります。

 

 

もちろん、前期との比較表示も可能となって多ります。

【前期比較表】のチェックタブにチェックを入れて頂きますと

上記画面のように前期分の残高試算表と比較することが出来ます。

 

当店は、弥生会計専用サプライ用品販売店です

弥生販売専用サプライ伝票のお問い合わせやサンプルをご希望の場合は、会社名・ご住所・お電話番号をご記入のうえ、お気軽に伝票販売専門店激安販売ドットコムまでご連絡下さいませ。

 

 

弥生会計 スタンダードソフト, 弥生会計 プロフェッショナルソフトの、グラフ機能とは

 

 

弥生会計 スタンダードソフト, 弥生会計 プロフェッショナルソフトには、グラフ機能があります。

グラフ機能とは、売上高など各勘定科目の集計データを時系列にカラーグラフで表示をする事です。

この機能により、経営状況の変化がひと目で確認できます。

弥生会計 スタンダードソフト, 弥生会計 プロフェッショナルソフトでグラフ機能を使うには、

まず、上記画面にある、クイックナビゲーターの【集計】を区リクして下さい。

その中にあります、【残高試算表(年間推移)】をクリックして下さい。

 

 

そうしますと、上記のような画面が出てきます。

 

 

弥生会計 スタンダードソフト, 弥生会計 プロフェッショナルソフトのナビゲーターの所にある【編集】をクリックして下さい。

そうしますと、上記のような画面が出てきます。

上から、9番目ぐらいにあります【推移グラフ(S)】をワンクリックして下さい。

 

 

そうしますと、上記のような画面が出てきます。

これが【推移グラフ(S)】となります。

【推移グラフ(S)】は上記画面のように、棒グラフタイプと

 

 

【推移グラフ(S)】は上記画面のように、折れ線グラフタイプと2種類ありますので

見やすい方を活用して下さい。

 

当店は、弥生会計専用サプライ用品販売店です

弥生販売専用サプライ伝票のお問い合わせやサンプルをご希望の場合は、会社名・ご住所・お電話番号をご記入のうえ、お気軽に伝票販売専門店激安販売ドットコムまでご連絡下さいませ。

 

弥生会計 スタンダードソフト, 弥生会計 プロフェッショナルソフトの、各種集計表機能とは

弥生会計 スタンダードソフト, 弥生会計 プロフェッショナルソフトには、各種集計表機能があります。

各種集計表機能とは、日計表・現預金明細表・科目別税区分票・補助残高一覧表・消費税集計表の事です。

この機能により、細かい経営状況の変化がひと目で確認できます。

弥生会計 スタンダードソフト, 弥生会計 プロフェッショナルソフトで日計表を使おう

 

 

まず、上記画面にある、クイックナビゲーターの【集計】をクリックして下さい。

その中にあります、【日計表(鑑定科目別)】をクリックして下さい。

 

 

もしくは、弥生会計 スタンダードソフト, 弥生会計 プロフェッショナルソフトのナビゲーターの所にある【集計】をクリックして下さい。

そうしますと、上記のような画面が出てきます。

上から、5番目ぐらいにあります【日計表(N)】をワンクリックして下さい。

 

 

そうしますと、上記のような画面が出てきます。

これが【日計表(鑑定科目別)】となります。

集計対象を【取引日付】か【作業日付】のどちらかを選んで、期間を指定して下さい。

 

 

集計対象を【取引日付】にしますと、上記のような画面が出てきます。

こちらが、【日計表(取引日付)】になります。

集計対象の期間を指定して、【集計】ボタンをクリックして下さい。

集計対象の期間の【日計表(取引日付)】が出てきます。

例えば、1か月分の日計表を確認したい時に便利です。

 

 

集計対象を【作業日付】にしますと、上記のような画面が出てきます。

こちらが、【日計表(作業日付)】になります。

集計対象の作業日を指定して、【集計】ボタンをクリックして下さい。

集計対象の作業日の【日計表(作業日付)】が出てきます。

1日分の細かいの日計表を確認したい時に便利です。

 

当店は、弥生会計専用サプライ用品販売店です

弥生販売専用サプライ伝票のお問い合わせやサンプルをご希望の場合は、会社名・ご住所・お電話番号をご記入のうえ、お気軽に伝票販売専門店激安販売ドットコムまでご連絡下さいませ。

 

 

弥生会計 スタンダードソフト, 弥生会計 プロフェッショナルソフトでの現預金明細表を使おう

 

次に、弥生会計 スタンダードソフト, 弥生会計 プロフェッショナルソフトで現預金明細表を使うには、

弥生会計 スタンダードソフト, 弥生会計 プロフェッショナルソフトのナビゲーターの所にある【集計】をクリックして下さい。

そうしますと、上記のような画面が出てきます。

上から、6番目ぐらいにあります【現預金明細書(Y)】をワンクリックして下さい。

 

 

そうしますと、上記のような画面が出てきます。

これが【現預金明細書(Y)】となります。

集計対象の期間を指定して、【集計】ボタンをクリックして下さい。

集計対象の期間の【現預金明細書(Y)】が出てきます。

 

当店は、弥生会計専用サプライ用品販売店です

弥生販売専用サプライ伝票のお問い合わせやサンプルをご希望の場合は、会社名・ご住所・お電話番号をご記入のうえ、お気軽に伝票販売専門店激安販売ドットコムまでご連絡下さいませ。

 

 

弥生会計 スタンダードソフト, 弥生会計 プロフェッショナルソフトでの補助残高一覧表を使おう

 

弥生会計 スタンダードソフト, 弥生会計 プロフェッショナルソフトで補助残高一覧表を使うには、

まず、上記画面にある、クイックナビゲーターの【集計】をクリックして下さい。

その中にあります、【補助残高一覧表(月次・期間)】をクリックして下さい。

 

 

もしくは、弥生会計 スタンダードソフト, 弥生会計 プロフェッショナルソフトのナビゲーターの所にある【集計(R)】をクリックして下さい。

そうしますと、上記のような画面が出てきます。

上から、2番目ぐらいにあります【補助残高一覧表(H)】にカーソルを合わせて下さい。

右横に目次が出てきますので、一番上の【補助残高一覧表(月次・期間)】をワンクリックして下さい。

 

 

上記のような画面が出てきます。

これが【補助残高一覧表(月次・期間)】となります。

左上に、【残高0を表示】と書かれています。

この、【残高0を表示】のチェックボタンを外しますと、「前期末残高が0」かつ会計期間内の取引がない補助科目補助科目が非表示になります。

 

 

次に、補助科目を集計する勘定科目を決めます。

左上の【勘定科目(A)】の空白に横にある【▼】を押して選んでください。

尚、補助科目が登録されていない勘定科目は、選択候補に表示されません。

ご注意ください。

弥生会計 スタンダードソフト, 弥生会計 プロフェッショナルソフトでの補助科目の登録の仕方

 

弥生会計 スタンダードソフト, 弥生会計 プロフェッショナルソフト

補助科目の登録をするには、

まず、上記画面にある、クイックナビゲーターの【導入】をクリックして下さい。

その中にあります、【科目設定】をクリックして下さい。

 

 

もしくは、弥生会計 スタンダードソフト、弥生会計 プロフェッショナルソフトのナビゲーターの所にある【設定(S)】をクリックして下さい。

そうしますと、上記のような画面が出てきます。

上から、4番目ぐらいにあります【科目設定(K)】をワンクリックして下さい。

 

 

上記のような画面が出てきます。

これが【科目設定】となります。

左上にあります、【補助科目を表示(1)】に必ずチェックを入れて下さい。

チェックを入れませんと、補助科目の登録はできませんのでご注意ください。

 

 

次に、補助科目を作成する勘定科目を選択します。

補助科目を作成する勘定科目を選択して、クリックをしてください。

そうしますと、選択した勘定科目が、黒色に反転します。

【補助作成】ボタンをクリックします。

もしくは、キーボードにあります【Shift】+【F8】キーを同時に押して下さい。

 

 

上記のような画面が出てきます。

これが【補助設定】の設定となります。

まずは、補助科目名を登録します。

一番上にあります(赤丸で囲ってある所です)【補助科目名】の横の空欄にカーソルを負わせてください。

補助科目名は、全角12文字もしくは、半角24文字以内で入力してください。

ただし、全角7文字・半角14文字以上の名称の場合は、印刷書式によっては印刷時の文字が縮小されることがあります。

 

 

次に、サーチキーを設定します。

サーチキーとは、仕訳の入力で科目などを選択する場合使います。

サーチキーを入力すると、素早く目的の項目を選択することができます。

サーチキーを半角英数字8文字以内で入力します。

全角文字で設定しても、サーチキーとしては使用できません。

必ず、半角英数字8文字以内でお願い致します。

 

 

消費税を設定します。

まずは、仕訳の入力時に初期表示される【税区分】を選択します。

【税区分】の横にあります【対象外】をクリックして下さい。

そうしますと、【▼】ボタンが出ますので、【▼】ボタンをクリックして下さい。

沢山の税区分が出てきますので、その中から使う制区分を選んでください。

 

 

次に、仕訳の入力時に初期表示される【税計算区分】を選択します。

【税計算区分】は、経理方式が「税抜」の場合のみ標示されます。

【指定なし】を選択すると、勘定科目の設定に従います。

 

 

【税端数処理】とは、消費税に円未満の端数が発生した場合の処理方法を選択します。

【指定なし】を選択すると、勘定科目の設定に従います。

【切り上げ】を選択すると、小数点以下が0でないかぎり、求める位の数を1大きくする方法です。

【切り捨て】を選択すると、小数点以下が0でないかぎり、それより下の位の数を0とする方法です。

【四捨五入】を選択すると、小数点以下が4 以下(0,1,2,3,4)ならそれを切り捨て

5 以上(5,6,7,8,9)ならば切り上げて、ひとつ上の位に1 を加える方法です。

 

 

最後に、その他を設定します。

ここで設定した、補助科目を使用しない場合にチェックを付けます。

チェックを付けると、帳簿や伝票で入力候補に表示されなくなります。

全ての入力が終了致しましたら、【登録】のボタンをクリックして下さい。

 

当店は、弥生会計専用サプライ用品販売店です

弥生販売専用サプライ伝票のお問い合わせやサンプルをご希望の場合は、会社名・ご住所・お電話番号をご記入のうえ、お気軽に伝票販売専門店激安販売ドットコムまでご連絡下さいませ。

 

 

 

選んだ勘定科目の集計する期間を決めます。

左上の【期間(O)】の横にある数字の4~3を押して選んでください。

選んだ数字の月の勘定科目の集計が上がってきます。

尚、複数の月度を集計する場合は、集計の開始月度から終了月度までをドラッグします。

【期間(O)】右の【全期間(P)】ボタンをクリックすると、4月~3月の全ての期間が選択されます。

 

 

税抜/税込切替を決めます。

【税抜/税込切替(Z)】の横にある【▼】ボタンを押して、税抜/税込を切り替えて下さい。

尚、【消費税設定】の【事業者区分】が【課税】となっており

【経理方式】が【税抜】または【税込】の場合のみ、税額の表示形式を税抜きと税込みで切り替えることができます。

弥生会計 スタンダードソフト, 弥生会計 プロフェッショナルソフトでの消費税設定の登録の仕方

 

弥生会計 スタンダードソフト, 弥生会計 プロフェッショナルソフト

消費税の設定をするには

まず、上記画面にある、クイックナビゲーターの【導入】をクリックして下さい。

下の段の設定にあります、【消費税設定】をクリックして下さい。

 

 

もしくは、弥生会計 スタンダードソフト、弥生会計 プロフェッショナルソフトのナビゲーターの所にある【設定(S)】をクリックして下さい。

そうしますと、上記のような画面が出てきます。

上から、3番目ぐらいにあります【消費税設定(T)】をワンクリックして下さい。

横に【消費税設定(S)】が出てきますので、ワンクリックして下さい。

消費税の設定は、本年度の仕訳入力を始める前に確認、設定してください。

 

 

【消費税設定(S)】クリックしますと、上記のような画面が出てきます。

【事業者区分】の横に【▼】ボタンがありますので、クリックをしてください。

そうしますと、【課税】【免税】と出てきますので

消費税を申告する場合は【課税】

消費税を申告しない場合は【免税】を選んでください。

解らない場合は、税務署や税理士等にお尋ねください。

【課税】【免税】かを選んで頂きましたら、【OK】ボタンをクリックして下さい。

弥生会計 スタンダードソフト、弥生会計 プロフェッショナルソフトでの集計の違い

 

・高度な集計表(元帳摘要集計表・摘要損益計算書)

こちらは、弥生会計 スタンダードソフトではお使い頂け無い機能です。

弥生会計 プロフェッショナルソフトでのみ使える機能です。

元帳摘要集計表・摘要損益計算書とは、集計表の行(縦軸)、列(横軸)の項目を設定する事によって

任意の集計を行うことができます。

これにより、さまざまな集計資料を作成することができます。

 

 

上記の画像が、弥生会計 18プロフェッショナルソフトでのみ使える元帳摘要集計表となっています。

上記の画像の場合ですと、縦軸に預貯金科目、横軸に銀行名(補助科目名)を集計項目として設定しており

その合計金額が【合計】の所に出てきます。

もちろん期間を指定して頂く事によって、任意の期間での【合計】金額を算出できます。

 

弥生会計 18プロフェッショナルソフトでのみ使える、元帳摘要集計表での集計表の行(縦軸)、列(横軸)の項目の組み合わせです。

【○】が付いた項目のみ、組み合わせが可能となっております。

 

 

上記の画像が、弥生会計 18プロフェッショナルソフトでのみ使える摘要損益計算書となっています。

上記の画像の場合ですと、縦軸に経費科目、横軸に従業員名(摘要)を集計項目として設定しており

その合計金額が【合計】の所に出てきます。

もちろん期間を指定して頂く事によって、任意の期間での【合計】金額を算出できます。

 

弥生会計 18プロフェッショナルソフトでのみ使える、摘要損益計算書での集計表の行(縦軸)、列(横軸)の項目の組み合わせです。

 

当店は、弥生会計専用サプライ用品販売店です

弥生販売専用サプライ伝票のお問い合わせやサンプルをご希望の場合は、会社名・ご住所・お電話番号をご記入のうえ、お気軽に伝票販売専門店激安販売ドットコムまでご連絡下さいませ。

 

 

弥生会計 18スタンダードソフト, 弥生会計 18プロフェッショナルソフトでの資金繰りの違い

 

弥生会計 18スタンダードソフト, 弥生会計 18プロフェッショナルソフトは、資金の調達や運用のやり繰りをデータ化が出来ます。

今迄の資金の調達や運用データの集計を、素早く確認したり、資料として使う事が出来ます。

資金の調達や運用のやり繰りの管理も簡単にできます。

・回収/支払管理(回収予定表/支払予定表)

・未来資金管理(資金繰りシュミレーター)

・手形管理(受取手形/支払手形)

この3つは、弥生会計 スタンダードソフト, 弥生会計 プロフェッショナルソフトで共通して使える機能です。

この3つは、基本的な資金の調達や運用のやり繰りですので

基本的には、この3つさえ使うことが出来れば、資金の調達や運用のやり繰りの管理ができます。

 

 

弥生会計 18スタンダードソフト, 弥生会計 18プロフェッショナルソフトに置ける、回収/支払管理(回収予定表/支払予定表)とは

入力した仕訳の売掛金の回収や、買掛金の支払いに関する予定表のことです。

得意先/仕入先の回収/支払条件を登録し、その条件に基づいて作成されます。

 

 

当店は、弥生会計専用サプライ用品販売店です

弥生販売専用サプライ伝票のお問い合わせやサンプルをご希望の場合は、会社名・ご住所・お電話番号をご記入のうえ、お気軽に伝票販売専門店激安販売ドットコムまでご連絡下さいませ。

 

\ SNSでシェアしよう! /

小さな会社や中小企業の売上アップや業績アップのために出来ることの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

小さな会社や中小企業の売上アップや業績アップのために出来ることの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

伝票専門通販店 激安販売ドットコム

伝票専門通販店 激安販売ドットコム

中小企業の総務、事務、経理の大きなサポーター激安販売ドットコムです。
売上伝票、納品書、給与明細書から、領収証、コピー用紙、インクトナーなど送料無料で販売している通販店です。

この人が書いた記事

  • NO IMAGE

    弥生会計の振替伝票の一部を印刷する方法

  • 弥生販売ソフトデータのバックアップは必要?オススメの保存方法4選

  • obc4026請求書はどのネット通販店舗で販売?名入れ印刷についても調査

  • 弥生お客様番号やバージョン情報にパスワードを知る方法

関連記事

  • NO IMAGE

    弥生会計Pro2000ソフト対応のサプライ用紙(ドットプリンター)

  • NO IMAGE

    弥生会計02Standard(スタンダード)ソフト対応サプライ用紙(ページorレーザープリンター)

  • NO IMAGE

    弥生販売04プロフェッショナルソフト対応のインクジェットプリンターサプライ伝票

  • NO IMAGE

    弥生販売02プロフェッショナルソフト対応のインクジェットプリンターサプライ伝票

  • NO IMAGE

    弥生会計02Standard(スタンダード)ソフトで使える連続帳票サプライ用紙伝票

  • NO IMAGE

    弥生会計03Professional(プロフェッショナル)ソフト対応サプライ用紙(ページorレーザープリンター)